媚薬クリーム、即効性があっておすすめはこれ

塗る媚薬

媚薬クリームの即効性

媚薬クリームは女性の陰部に直接塗るため、即効性が高いのが特徴です。
主な成分はマカ、トンカットアリ、プラセンタなどで、血行促進と性的興奮の刺激を与えてくれます。
温感作用のあるローションでさらに感覚も麻痺していき、快感だけが感じられる状態になります。

「マカ」
ビタミン、ミネラル、アミノ酸など性欲増強に効く植物として有名です。

「馬プラセンタ」
女性ホルモンの分泌を促進します。

「トンカットアリ」
トンカットアリはハーブの一種で、アルギニンなどのアミノ酸やビタミンB1、BCAAを含み、古くから使われてきました。

「ガラナ」
ブラジル原産の植物で、カフェインを多く含み興奮と強壮に効果があります。

「大豆イソフラボン」
女性ホルモンを増加させ、母性を刺激します。

おすすめの媚薬クリーム

媚薬ローション「アクメーション」

媚薬クリーム、アクメーション

マカ、プラセンタ、トンカットアリ、イチョウ葉のエキスを直接陰部に塗ることでより強力な効果を生み出します。

塗る媚薬クリームの即効性

わずか5分で秘部の温度が急上昇、超感度をもたらします。

媚薬クリームで乱れる女性

 

出会いアプリで知り合った子との最初のセックスの時には必ず使っています。これを使うだけで相手はメロメロで僕の虜になるんです。

即効性が高いのもうれしいですね。

それですぐに次も会いたいって言ってくるんです。

それが快感です。

 

媚薬感度アップクリーム「濡花魁」

媚薬クリーム

自然の原料と古代の知恵を生かした安全な媚薬です。

彼氏に使われました。私はこれまで潮を吹いた経験がなかったのですが、気が付いたらベッドがビシャビシャでした。頭が真っ白でものすごい快感でした。

女性を感じさせることに自信がなかったのですが、この濡花魁を使うと、即効でちょっと触っただけでも彼女が感じてくれたんです。今までになかったくらい濡れてきて、挿入すると彼女もすごく敏感に感じていました。

これで自信がつきました。

媚薬クリームで止まらない欲望

媚薬クリームの主な成分

カンフル
樟脳(しょうのう)のことで、カンファーともいう。クスノキの幹、根、葉の細片を水蒸気蒸留して得られるカンフルと樟脳油を分離精製したものが天然カンフルで、日本薬局方ではd-カンフルという。
特異な芳香があり、味はわずかに苦く、清涼感がある。
中枢神経興奮作用、局所刺激作用、防腐作用などがある。

メントール
メントールは、シソ科の植物のセイヨウハッカの葉に多く含まれる成分です。
香料として有用な優れた香味があります。
鎮静効果や細胞を活性化する効果、配合成分の浸透促進効果、肌を引き締める効果があります。
イブプロフェンと共に外用薬に配合されたメントールは、局所血管拡張作用によって皮膚のバリア機能を低下させ、イブプロフェンの消炎鎮痛作用を増強します。

カフェイン
興奮作用があり、興奮、利用作用があります。

イランイラン花油
イランイランはフィリピン地方では「そよ風に揺れる花々」という語源から派生し、「花の中の花」という意味を持っています。インドネシアでは古くから、新婚初夜のベッドに敷かれていました。熱帯地方の暑さの中に、イランイランの甘い香りが広がると、エキゾチックなリラックス感と、官能的な雰囲気、喜びをもたらします。フランスの長い香水の歴史においても欠かせない香りとして使われていました。

心への効能
心には鎮静と興奮のバランスをとる作用があります。心を落ち着かせリラックスするとともに、精神を高揚させ、楽しさや喜びの感情をもたらします。自信を取り戻すことを促してくれるので、イライラや落ち着きのなさが和らぎます。女性的なエネルギーを高めてくれる性質もあります。

体への効能
神経系の鎮静作用があり、熟睡を促します。その鎮静作用は動悸、高血圧、頻脈、てんかん症の発作などにもいいと言われています。古くから感染症にも使用され、殺菌消毒作用があります。イランイランは、催淫作用があり、女性ホルモンの調整や、生殖系の不調改善にも役立つと言われています。

皮膚への効能
肌を潤し、滑らかにし、若返りにいいと言われています。頭皮にもよく使用され、脱毛予防や髪の成長促進、頭皮の皮脂バランス調整に役立ちます。

オスモフェロン
フェロモンには、そもそも匂いはなく鋤鼻器という器官を刺激することで脳を活性化しフェロモンを感じ取った相手に良い印象を与えるというものです。フェロモンは、どんな人も汗として皮膚の表面に出ているものですがごく微量なのでフェロモンを自発的に増やすことで異性を引き付けやすくなります。

女性に働きかけるフェロモンには、アンドロスタディエノン、オスモフェロンがありこれは男性が女性に対して使うフェロモンになるのです。
フェロモンは、動物も発するものですが人間も発するものであり人間が発するこれらフェロモンはヒトフェロモンと呼ばれています。