だらしないメス声で喘ぐ妻ラブショット

使う前に知っておきたい!媚薬・精力剤を安全に使用する方法

ラブショットでいつもより大きな声で喘ぐ妻。

目つきがトロンとなって…

私は53歳、妻44歳になる既婚男性です。
私には妻以外につき合っている彼女が2人います。

2人ともネット(出会い系)で知り合って付き合い始めました。
一人は36歳で一人は29歳です。

もちろん妻には内緒で定期的にセックスしています。

続きを読む

不感症の風俗嬢も鳴かせるラブショット

LOVE SHOT

不感症の風俗嬢が仰け反るラブショット

うそ、ヤダ、何これ…
 
久々の投稿になります。
以前には男性用媚薬についての投稿でしたが、今回は女性用の媚薬についての体験談になります。

僕は時々、風俗に行きます。
いわゆる『風俗好き』というほど行くわけではありませんが、
呑みの後に知人に誘われたり、時々気が向いたら行くというパターンです。

そんな私なのですが、ある時、知人につき合ってヘルスに行きました。
付いてくれたのはマイちゃん(仮)という娘でした。

続きを読む

ラブショットのおかげでシーツもびちゃびちゃ

LOVE SHOT

シーツが染みになってしまってしまったらごめんなさい。

お汁が溢れてとまらない…

「精力剤 蔵秘雄精」と 媚薬「ラブショット」の体験モニターに応募しました。

仕事で遅くなる日が多かったり、彼女も忙しかったりでなかなか使うタイミングがなかったのですが、
GWに彼女と近県の温泉に行くことになっていたので、ちょうど良い機会だと思い、バッグの内側の小さなポケットに入れて持って行きました。

続きを読む

これで立てた女はいない!「いっけぇぇえラブショットォォオ!!」

イキまくり

激しい戦闘で彼女もぐったり。
すさまじいラブショット対戦の効果!

LOVE SHOTと福源春のセット使いの効果
たまに会って楽しむ関係の女の子とキスをしただけでもう下半身は戦闘モードになってしまいます。
私は興奮しやすい体質のようで、わりといつも早漏気味。

よって爆弾投下のスピードも早くて、即戦闘モードに入れるステルス戦闘機みたいでした。

続きを読む

【注意!】梅毒との恐れがある方は迷わずに検査を。感染者が過去最多!

最近、YAHOOニュースで気になる記事が上がったので共有したい。

■以下YAHOOニュース

梅毒患者が、感染症発生動向調査事業を始めた1999年以降で最多となった
昨年を上回るペースで増えていることが7日、国立感染症研究所がまとめた患者報告で分かった。
特に東京都内で報告が多く、都は「パートナー同士の感染有無の確認がまん延防止に必要」としている。【新井哉】
 
同研究所がまとめた3月29日までの約3か月間の患者報告数は、前年の同じ期間より85人増の399人を記録。
都道府県別の報告数は、東京が最も多く159人。以下は、大阪(40人)、神奈川(27人)、福岡(18人)、埼玉と愛知(共に14人)、
北海道と千葉(共に10人)などの順だった。
 
都内では昨年の同期間に比べて65人増えた。都によると、直近の3月23日から29日までの週に報告のあった21人のうち、
19人に性的接触による感染が推定された。性的接触の推定感染経路は、同性間が9人、異性間が5人、性別不明が5人だったという。
梅毒は性交渉時の接触感染が主流で、感染すると2―3週間後からリンパ節炎や皮膚症状が現れる。
期に発見して治療を行えば完治するが、治療しないと症状が段階的に進行し、中枢神経が侵されて死に至ることもある。
妊娠している人が梅毒に感染した場合、流産や死産の原因となることもあるという。

こうなると私ももしかしたらという方、必ず検査を受けてほしい。
今なら自宅でも精度の高い検査ができるキッドがある。

続きを読む

ゴット・オブ媚薬!本当に効果のあるオススメ媚薬ランキング!

妻の身体

媚薬。それは神が人間に与えたもうた叡智の結晶。

女性の理性に抑圧された肉欲に翼を与え、高く激しく大空へ舞い上がらせる。

要は媚薬を使えばどんな女性も、たちどころにセックスがしたくてたまらなくなるって事です。


「気になる女性を振り向かせたい。」
「AVみたいなエロいセックスがしたい。」

そんなあなたのために今回は、管理人がありとあらゆる情報を集め、ランキング形式で媚薬をご紹介したいと思います。

続きを読む

女子が教える 彼女のマグロの原因と解消法!

セックスで彼女が濡れない。女子をビチョビチョにするためにおさえていきたい4つのポイント

セックスは興奮してナンボ。これは女子もそうですし、男性もそうですよね?
お互いに盛り上がって乱れ合うから楽しいんですよね。
気持良ければ、女子は乱れちゃいますし。

だけど、彼女がマグロで悩んでいるという話しもよく聞きます。
その理由は気持良くないからなのか、もしかするとそういう体質なのか…。

どっちにしても、マグロ彼女が嫌ならなんとか解決するしかないですよね。

続きを読む